読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田涼介くんに惚れた理由

ジャニーズ 平成ジャンプ 日記

友達がやっていたので私もこのブログを始めようと思い、最初は私の大好きな山田涼介んについて書こうと思いました。

 

私は山田くんのファンになって4年ほどです。まだまだ浅い方ですがこれからも応援していきます。

さて、いつから好きだったかと言いますと、私が中学三年生の頃です。

当時は嵐が流行っていましたが、アイドルに興味のなかった私はジャニーズが何なのか嵐が何なのかよく分かりませんでした。それでもアイドル誌やファッション誌を読んでいる友達を見て、「なんか大人だ」と少し憧れていました。

 

ある日、漫画を買いに本屋へ行ったのですが、会計に行く途中雑誌コーナーを発見しました。皆が読んでいるアレだな、と察して迷うことなく足を運びました。

しかしたくさん種類があってどれを手に取ればいいか分からず、テキトウに男性アイドルっぽい人が表紙のものをペラペラと読みました。

そしてとあるページに衝撃を受けました。

 

 

何だこのイケメンは!!!!!!!!!

 

 

雷に打たれたようでした。言わずもがな、山田くんのお写真に衝撃を受けたのです。

今まで二次元にしか興味のなかった私が初めて三次元に惚れた瞬間でした。

この世にはこんな綺麗な男の人が存在するのだと思いました。

本当にお顔のパーツが素晴らしく、今でも私は世界で一番のイケメンだと思っております。

その後早速家に帰って「山田涼介」と検索し、過去の映像やCDなどを再生しまくりました。そして何気なく録画してみた過去の音楽番組を振り返ってみるとそこに山田くんのお姿が!!!!泣きそうでした。

 

高校生の頃は自転車通学でしたが、大学生になって通学が電車になったこともあり、登校と下校は音楽を聴くようになりました。最近はボカロを多く聴いていますが山田くんのも聴いてます。kinki kidsさんの愛のかたまりという曲を山田くんも歌っていたのでそればかっかりを聴いてた時期もありました。あの曲、本当に素晴らしいんです。女心が分かってらっしゃる。しかも山田くんが一人称の「あたし」を!!!女性目線の曲を山田くんが歌っていたのは新鮮だったので、そういうとこもあってずっと聴いてました。あと、サビの部分にある「愛のかたまり」の「あ」のとこを裏声で歌っててもうそこもキュンポイントでした。

 

高校生のときは山田くんが好きすぎて色んな雑誌を読みふけり、特に好きな女性のタイプの欄はじっくり読んでいました。もう、辛かったです。私とは正反対なんだもん。典型的な、The・女の子!って感じの子なんですよね、書かれてある女性の理想像が。でも私、違うし。私がそんな可愛い服着たら笑われるレベルで違うし。

今まで生きててずっと、「お前の第一印象は、怖い」ってずっと言われ続けてますよ。一匹狼だとかクールだとか怖いとか。そんな私が可愛い服を着てみ?すごいことになりそうやで。いやでもちょっと着てみたい気持ちはあるんだけど似合わなかったらと思うと無理。山田くんが好きっていうなら...と思って頑張ったときもあったけど無理やった。人間やっぱり限界ってありますからね。私の顔にピンクは似合いませんでした。つら。

 

高校生のとき、地元でコンサートがあったのですがお金のないボンビーな私はグッズだけでも買おうと思い、同じく山田ファンの友達と行くことになりました。今まで二次元しか興味のなかった私がそんなところへ行ったことなかったので、会場に着くなりびっくりしました。人がゴミのようだ。蟻の大群みたいだ。人がすごかった。多かった。当たり前ですけど。列がどこまで続いてるのか分からないくらい並んでました。結局2時間並んでグッズを手に入れました。このことを他のジャニヲタの友達に自慢げに語ったところ「2時間とか早い方だわ、そんなことで自慢しないで。私なんて5時間並んだことあるんだから」と言われ何も返せませんでした。

そしてグッズを買った後、近くのファミレスに入ったのですが、ちょうどお昼時でしたのでお客さんがたくさんいました。私たちは席が空くのを待っていたのですがそのとき、店員さんが「有岡様ー」と呼んだのです。席が空いたので有岡様を案内しようとしたのでしょう。.....ん?有岡様?と引っかかりました。その有岡様は自分が呼ばれたことに気づいていなかったようで店員さんがもう一度「有岡様ー、いらっしゃいませんか?」と言いました。するとその有岡様は「ハッ!!!」と漸く気づいたようで、有岡様率いる女子たちは店員さんに案内されました。いや待て、有岡だと?有岡とは有岡大貴のことか?あの人たち有岡担か!!驚愕しました。確かにJUMPのグッズを持っていたが。「有岡」が自分の苗字ではなかったから反応できなかったのだ!

なんてこった、私も山田と書けばよかった。馬鹿正直に自分の苗字を書いてしまった。私だって「山田様ー」とか呼ばれてみたかった。後悔の念に駆られました。

 

もう少し書こうと思ったのですが、話が違う方向になってきたのでこの辺にしておきます。何しろタイトルは「山田涼介くんに惚れた理由」ですからね。最後の方理由とかじゃないですからね。

 

山田くんを好きになった入口は顔でしたが、今はもう顔だけではありません。

ドラマで演技している姿や、バラエティではしゃいでいるところとか、ステージで輝いている姿も全部好きです。番組は全部録画しています。

 

しかし。

 

弟に全部消されます。容量がないからと全部消されます。それが今一番腹が立ちます。

私は何回も再生して観るのに、観ない番組よりも私が観る番組を消されることに腹が立ちます。

 

それでも私は録画が消されないように一生懸命山田くんの姿をたくさん流して家族にその良さを分かってもらえるように頑張っています☺一番最後も話が逸れた