約束のネバーランド(ネタバレ注意)

f:id:yukidaruma2:20170924113649j:plain

孤児院・グレイス=フィールドハウスでは6~12歳になると里親の元へ届けられる。

ある日、コニーがハウスを出ることになった。しかしコニーは大切なぬいぐるみを忘れて出て行ってしまい、エマとノーマンが届けにこっそりハウスを抜け出した。コニーを見つけた二人は驚愕した。なぜなら、コニーは大きな「鬼」に殺されていたからである。二人は隠れて様子を伺うと、どうやら自分たちは「鬼」に食べられるためにハウスで育てられていると知った。その事実をハウスの仲間に伝え、とびぬけて能力が優れているレイ、エマ、ノーマンの三人がハウスから脱出しようと計画を立てる。

 

 

 

この漫画はとても面白い。

ハウスのママであるイザベラも「鬼」の仲間で、彼女をいかに欺いて脱出するかという場面が多々ある。子供が必死で逃げようと策を練るが、それがまた天才的。

 

私も一度は考えたことある「豚が人間だったら…」と。人間が飼育され、何者かに食べられてしまう物語。

まさにこれだった。

 

最初はイザベラも、途中でやってきたイザベラの補佐であるシスターも敵だと思っていたが、読んでいくうちに段々うるっときてしまう。

君たちも色々あるんだねぇ、と涙腺がもろくなる。

 

 

エマたちがハウスを脱出するとき「4歳以下は置いていくか」「全員連れて逃げるか」などの選択をしなければならないとき。4歳のフィルが「僕、待てるよ。だから置いてって」と言ったシーンで思わず涙が出た。

 

フィルウウウウウウウウ!!!!!

 

しかもその後、エマたちが抜け出す際、フィルがハウスで動かなければならない。4歳だぞおおお、4歳だぞおおおお。泣ける。

 

 

漫画の所々にある四コマも面白いので是非見てほしい。

 

 

5巻しか出ていないのでまだまだ面白そうな展開が待っているはず。

 

 

 

レジバイトあるある

スーパーのレジをやっているのですが、そのあるある。

 

 

  • 札の下にカード

 

札の下にカードがあるとは思わず、カードを通さずにおつりを渡した。

ポイント付け忘れて結局打ち直しか、ポイント忘れ用紙に名前と電話番号を書き込んでもらう。

 

 

  • 会計終わった後に「やっぱりポイントから使って」

 

出された金額を確かめ、おつりを出した。その直後に「やっぱりポイントからとって」と言う客。

早く言えよ、もう釣り銭出したわ。

客「おつりが9円になるから、1円だけポイントでつかって」

私「申し訳ありません、もうおつりが出てしまったので」

客「えー、やり直して」

私「….かしこまりました(怒)」

後ろに他の客も並んでるんだから9円くらい我慢してほしい。

 

 

  • レジから遠い

 

おつりを渡すとき、客がレジから遠いので腕を精一杯伸ばして渡してる。

もっと近くに来い、落とすぞ金。

 

 

  • 「この商品どこにあるの?」

 

レジはレジ打ちしかしない。タイムカード押した後はレジに向かう。それだけ。

どこに何があるかなんて知らないからそんなこと聞くな。

 

 

  • 小袋に入れないと怒る客

 

忙しくなくて、後ろに客が並んでないときならポリ袋に肉などを入れる。

しかし忙しいときはそんなことしてられないので(特にたくさん買った客には)ポリ袋に入れず、そのままカゴに入れて渡す。

しかしそれが気に入らないようで「全部肉は小袋に入れろ」と言い出す。

ねぇ、後ろを見て。たくさん客が並んでるでしょう。それくらいサッカー台で1人でやって。

 

 

  • 保冷剤を返しに来た客

 

うちの店は客がよく保冷剤を返しに来る。「また使ってくれ」と。

しかし、その保冷剤は全部可燃ごみに捨てている。

返しに来た客の目の前で捨てるわけにもいかず、客が立ち去った後可燃ごみに突っ込んでいる。

 

 

  • 客に話しかけられても覚えてない

 

「あのときはありがとうね」と客に言われても何のことか分からない。似た客がいるし、客が自分のことを覚えていてもこっちは何人もの客を相手にしてるからあまり顔は覚えていない。

 

 

  • クソ客はマークしてる

 

バイトやパートの間でクソ客はよく話に出る。

私「今日、こういうクソ客いたんですよ」

バイト「あー、私のときも来たわ。こんな感じの人でしょ」

私「そうそう」

バイト「あの人いっつもあんな感じだよ。態度悪いから気をつけて。毎日は来ないけど、来たら毎回カゴ2つで爆買いしていく」

クソ客のあだ名もある。

 

 

  • イヤホン付けてる客

 

付けるなとは言わないけどこっちが言ったことに対して「え?」と毎回聞き返してくる。

もう二度と何も言わない。

 

 

  • 後から「箸ください」と言う

 

たまに箸が何本いるか聞きそびれることがある。私も悪いがそのときに言ってくれないと後からくれと言われても、こっちは忙しいし構ってられない。

 

 

  • 年寄りに声が届かない

 

何度も何度も大きな声を出して耳元で叫んでいるのだが、届かない。

最終的に後ろに並んだおばさんが手をメガホン代わりにして馬鹿でかい声で伝えてくれた。ありがとう。

 

 

  • 「〇〇店にはあったのにここにはないの?」

 

チェーン店なので「〇〇店にはあったのに」とよく言われる。

いや、その〇〇店に行ったことないし知らない。ないものはない。その店に行け。

 

 

  • 商品の入れ方が気に入らない

 

商品を通してカゴに入れるとき、客が思った場所に入れなかったからかいちいち自分で手直しする。最終的にはカゴに入れず手渡し。

 

 

  • 年寄りには保冷剤が伝わらない

 

保冷剤より氷と言った方が伝わる

 

 

  • レシートを置き去りにしていく

 

レシートを渡して「ありがとうございました」と言い、次の客の相手をし、会計のときになって気づく。

さっきの客、レシートを客が金を置く場所に捨てていきやがった。

いらないならそう言え。

 

 

  • 客の声が小さくて何言ってるか分からない

 

店内放送もあるし曲も流れてるし、あからさまに声が小さいと聞き取れない。

箸はいるか、保冷剤はいるか、と何度か聞き返しても聞き取れない。

結局何もせず見送る。

 

 

  • トイレの場所が分からない

 

これはあるあるかどうか分からないが、社員用のトイレを使用する身としては客が使うトイレがどこにあるか分からない。

 

 

  • 〇%オフがさらにオフだと思ってる

 

例えば5%オフだと通常の商品が5%オフになるだけ。

既に半額になっている商品を更に5%オフにすることはできない。

勘違いして「これは5%だ5%だ!」と言う客がいる。違う、それは半額。

 

 

  • 花を包むときにいちゃもん

 

お供え物の花を購入していくので包まなければならない。

面倒だが包もうとすると「それだと花が痛む」やらなんやらと言ってくる。

痛むも何もくるくる巻かなければならない。花を回さずに巻くことなんて不可能だ私には。

自分でやってくれ。

 

 

  • 別々で会計かと思いきや同じ

 

仲の良さそうな主婦が2人それぞれ商品を手にやってきた。

少し間隔を空けて置いたものだから会計は別々だと思ったら同じにしてくれと言ってきた。

紛らわしい。

 

 

 

プライドの高い女

身近にいるプライドの高い女のあれこれ。

(以下A)

 

 

  • 「でも私勉強してないから」←いや、してただろ

 

学校で行われたテストが返却されたとき。

周りには仲良い子がたくさんいたので皆「こんな点数だった」って見せ合う。それほど悪い点数の子はいなかったし、9割とれていたから見せることができたんだと思う。隠すことなく見せられる数字は確かに見られても問題ない点数ばかりだ。

 

Aは、自分がここにいる誰よりも点数が高いと判断したのか、「今回は余裕だったよねー」と言いながら自らの点数を晒した。

我々は彼女の点数を見て、他の子にも言ったように「すごい」と言う。

 

他の子も9割とれていたがそれはギリギリ9割。Aの点数は9割半ば。

だがしかし待て。私の点数はまだ晒しておらんよ。

流れとして私も点数を見せる。私の点数は9割後半だ。ほんの数点で満点だった。

 

私はAのプライドを叩いてしまった。

Aは言った。

 

「でも私今回は勉強してないからさ」

 

と。

 

ここで私は首を傾げる。

この前「勉強してないくせに成績良いと思われたくないから、勉強はしてる」って笑顔で言ってなかったっけ。自分は頭が良いから凄いねって言われるけど、勉強してないって言われてるようだから勉強してる。って言ってなかったっけ。

プラスして言うなら、テストがある授業の数日前からプリント見て必死に勉強してなかったっけ。

 

あれれ~、おっかしいぞぉ。

 

勉強することが悪いのではなく、ただちょっと言い方というかなんというか、私に負けたのが悔しいのだろう。

なんだか見苦しい言い訳だったけど、これ何度目だろうか。

 

 

 

  • 「私、今男の人と喋ってるよ」←だから?

 

恐らく、自分には男の人と話せる、または男の人が話しかけてくる。所謂モテ女アピールをしてくる。

 

なんてことはない。

休憩時間に事務のお兄さんに何か聞かれたのだろう。そこから世間話になって、という具合だ。

 

それをナンパされたかのように伝えてくるからじわる。

男の人と話てるの?へえ、だから?

と正直に言えないので「へえ」と言う。

 

「なんで男の人と話してたの!?」「もしかしてナンパ!?」という反応を期待していたのかな。なんだか可哀想だ。

期待に応えられなくてごめん。でも分かってほしい。ただそれだけのことで騒ぐような歳でもないし、そこまで君に興味もない。

 

人間は見た目ではないことは承知だけど、君のような外見を好む男性は本当に一握りだと思う。一握りっていう程いるのか不思議だけど。

なんだろうな、ナンパ自慢とか好かれてる自慢みたいなのをする女ってブスばっかな気がする。

 

あ、ブスって言っちゃった。

 

 

 

  • 「ねぇ、はやくこっち来てよ」←お前が行けよ

 

自分からは絶対動かない。動かざること山のごとし。

そのスタンスで常に君臨してらっしゃる。

 

友達を何だと思っているのか。自ら赴いたりはせず、他人を動かそうとする。

そういうとこが嫌いだ。

 

授業でペアを作れと言われたら自らは動かず「ねぇ、こっち来てよ」と他人を動かせる。

休憩時間、輪の中心にいたい故に「ねぇ、こっち来てよ」と言わんばかりに、教室の後ろにあるスペースで椅子に座り、他人が寄ってくるのを待つ。

集団で写真を撮るとき、自分が真ん中で写りたいが故に「ねぇ、来てよ」と言わんばかりに颯爽と枠のど真ん中へ走る。

 

そこで事件は起きた。

なんと、写真を撮ろうとしたらカメラマンは「3列がいいな」と言うではないか。

Aが選択した場所は3列目の真ん中。ここでの中央は2列目の真ん中だ。あろうことか、その2列目の真ん中に私が来てしまった。

Aは言った。「あなたは背が高いから後ろの方がいいんじゃない?ほら、後ろの誰かと代わりなよ」と。

確かに私は背が高いが既にしゃがんでいる。後ろの人と交代するスペースもないので無視を決め込んだ。

 

私が真ん中なのが余程嫌だったんだろうな。ひしひしと伝わってきた。

 

 

 

  • 「私料理できるよ!!」←指切れてますよ

 

 

Aが料理をする場面があった。

目立つことが好きなA。自分を特別だと思っているA。

1人が野菜を切らなければならない場面があった。

 

「料理してるから得意だよ」とドヤ顔していたのも束の間、包丁を手に持ち切っていく姿はなんとも初心者。料理しない私でも、もっとできる。何故そんなにゆっくり切る場所を考えているのか。いつもその調子で料理しているのか。夕飯は何時間で作れるんだ?

 

挙句、自分の指を切る始末。

 

できないならできないと言えば良いものを。カッコイイ自分を見せたいのか、見栄で言うのはやめてほしい。

 

周囲は君の嘘に気づいているぞ。

そうして陰で言われていることに気付いていないのか。

 

でもAが本当に料理をする人かもしれないからここまでにしよう。

 

 

 

  • 「んー、今のは×かな」←評価すんな

 

授業中、先生から意見を求められることもしばしば。

Aの近くにいた友人は先生からよく質問をされる。

それに返していると、Aはその答えに対しての評価をする。毎回。毎授業。質問を答える度に。

 

あれはウザイ。何故お前に評価されなければならないのか。

可哀想だった。

 

Aの心情は分からないが、私が推測するに「なんで私には質問してこないの先生。その子ばっかり。私も授業に参加したい」という気持ちから、少しでも先生の目に留まろうと必死で声を出しているのだろう。

 

「私は分かってるよ先生、今のこの子の答えはちょっと違うよね。私は分かってるよ。」

 

そんなとこだろうか。

 

自分は授業に参加できていないみたいで悔しいのか。自分より劣っている子ばかりが先生にマイクを向けられて悔しいんだな。

 

でもそれはやめたほうがいい。その子可哀想。

 

 

 

  • 「いつも同じ服ばかり着てるね」←お前もそんなもんだろ

 

 

他人の服を見て「毎回同じだね」と笑う。

いや、お前も似たようなもんだから。

 

体型を隠したいようで、常にロングスカートかガウチョ。

上もゆとりのある袖のもの。ピチっとしたものは絶対着ない、とにかく体型を隠そうとしている。

 

ゆとりのある服というと、似たようなものになる。

色合いとか。

うるさい柄物は着ない、とにかく白や黒。単色。

ボーダーは論外。

 

服は毎回違うのかもしれないが色も形も似てるから同じ服かと思ってしまう。

 

他人のことを言えるような立場ではないのに、結構「服同じだね」と言っているので笑ってしまう。

 

 

目が疲れた。

このくらいにしとく。

 

今日はなんだか愚痴りたかった。

 

痴人の愛

f:id:yukidaruma2:20170909101831j:plain

 

谷崎潤一郎痴人の愛

 

男が15歳のナオミを自分好みに育てようとするが、ナオミは他の男と寝たりと小悪魔な女へ変貌する。

 

谷崎潤一郎は結構有名なので作品には興味があった。今まで谷崎潤一郎を呼んだことがなかったから、本屋で購入した。

面白くなかったわけではないが、なんというか、普通だった。

語彙力のない私は何と表現すればいいか分からないが。

「これ面白い!!!」ではなくて「あー、こんな感じなのか、へー」という感想だ。

 

ナオミの変わりようもだけど男の変わりようも凄い。

途中、ナオミが男と寝たりと我慢できなくなり家からナオミを追い出す。もう知らん!!あっち行け!!帰ってくるな!!という感じで追い出したのはいいが、ナオミは荷物を取りに帰ってくる。そして男はついにナオミに跪く。捨てないでくれと縋りつく。

 

こういう人間味のある作品は好き。

でもこの本が面白かったかというと、私はそうでもなかった。

面白くなかったわけではないんだけど、好みの問題や。

もう谷崎潤一郎は読まないかもしれないな。友達に「この作品は面白かったよ」と言われれば読むかもしれん。自主的には手を出さないな。

 

結局この本は買って一回しか読まなかったので未だ綺麗なままだ。

お金出して買う程でもなかったや...。

 

こればっかりは好みの問題。

毒見師イレーナ

f:id:yukidaruma2:20170820102040j:plain

マリア・V・スナイダーの毒見獅イレーナ。

 

 

死刑囚のイレーナは、絞首台に行く日に死を覚悟したが、「このまま死ぬか、最高司令官の毒見役をするか」の選択を与えられる。イレーナは死にたくないという思いから、毒見役を選んだ。どうにか逃げることはできないか、と考えるがそれも毒によって阻まれる。

 

 

 

この作品好き!!!

死刑囚が毒見をするってなかなかない。

夢中になって読みました。

 

 

ただ、イレーナが可哀想で泣けた。

死刑囚ってことは人を殺したイレーナ。

 

イレーナは、孤児として男に引き取られた。最初こそは優しくされていたが、ある歳になると虐待なんて優しいものではない。毎日毎日殺す勢いでイレーナを虐げる。

 

 

 

この作品は、ファンタジー要素も入っていて、殺した男の幽霊がみえたり、魔法が使えたりする。恋愛要素も少し入っているから、楽しい。

 

3巻まで出ていて、私はまだ新しいのを読んでない。

 

 

海外の作品は、初めて読んだものが難しくてもう2度と海外のは読まない!と決めてた。

しかし、この作品は読んで良かった!と思った。やはり海外の作品もアリだ。最初に読んだものがちょっと、私には合わなかっただけだ。

 

 

とても面白い作品なので是非読んでもらいたい。ちょっと分厚い文庫本だけど。

 

 

裁く眼

f:id:yukidaruma2:20170819152229j:plain

 

我孫子武丸(あびこたけまる)の裁く眼。

 

収入の少ない似顔絵を描くという職(?)だがほぼニートな主人公の鉄雄が、ひょんなことから法定画を頼まれる。

その依頼を引き受けた鉄雄は、世間から関心を持たれている裁判の被告人、佐藤の絵を描くことになった。その被告人は美しく、鉄雄も惹かれる。

最初の仕事が終わると鉄雄は何者かに襲われてしまう。そして次は法廷で知り合った女性....。

佐藤の裁判、鉄雄や知り合った女性を襲った人物とは。

 

 

 

 

と、あらすじを書いてみたがネタバレになっていないよな。

夏休み、妹から読書感想文を代わりに書いてくれと言われ書いたのだが(この作品ではない)、あらすじが困る。あらすじって書くの難しい。そのこともあって、今回あらすじを書いてみたけどやはり、うだうだ悩む。もっとうまくなりたい。

 

 

私が今日読んだのは、「裁く眼」という作品。

タイトルとイラストに惹かれ、読んでみた。

 

主人公が法廷画を描くっていう小説を読んだことがなかったし、タイトルが面白そうだと思った。

 

確かになかなかない設定だった。

 

普通の一般人にはない見方をするのかな、とか、ファンタジー要素が入って超能力とか使える話?とか考えた。タイトル的にもそんな感じがしたし。

 

 

途中から、「もしかして無意識に犯人を物凄い醜い顔に描いてしまうのか」と、本を読み進めたら、一番最後、ラストを読んでびっくりした。

 

だからあの警官だけ気づいたのかー!ふむふむ。

 

という感想や。

 

この作品は鉄雄の姪が結構奮闘し、この子実は鉄雄のこと好きなんじゃ?とか思って恋愛に発展するのかわくわくしてたけど、そういうことはなかった。

恋愛要素はなかった。

あるとすれば、被告人の佐藤くらいか。

でもあれも、鉄雄は恋愛の意味で佐藤を好きだったのか疑問だ。

ただちょっと美人に惹かれた、って解釈したけど、私は。

 

物語は、まあ、うーん、推理系とか警察とか、そういうのはあまり読まないから何とも言えない。

 

ただ、法廷画っていうのは新しいな、と思った。

 

本も結構分厚いし、二時間弱くらい時間かかって読んだ。

 

んー、でも三回くらい休憩挟んで読んだから、時間を忘れて夢中!!ってわけでもない。

でも面白くなかったわけでもない。

 

鉄雄の能力は凄いと思ったし、最後に明らかになるであろう鉄雄の能力を楽しみに読んでいたのも事実。

 

 

 

結論、面白かった。

 

ワキ毛生えない妹

最近知った事、それは高校生の妹のワキの毛が生えない!!

 

それは、タンスに入っている夏服を選んでいるとき。

新しい夏服が欲しいからいらない服を妹にあげようと思い、「これもあげる」等と話していた。

 

私「んー、これはいいや」

妹「何で?着ないの?」

私「だってこれノースリーブ」

妹「ダメなの?」

私「ワキ処理したくないじゃん」

妹「皆ワキの毛を気にするよね。クラスの女子も皆剃ってて、ワキに黒いブツブツできてるよー。笑」

私「そりゃそうやろ」

妹「えー、でもわたし生えてないよ」

私「は?お前もう高校生だろ?さすがに....」

妹「ほら」

私「ほんまや

 

ぶっちゃけ、私は処理なんて面倒だしできるなら脱毛したい。でもお金もかかるし、結局していない。ワキ処理が面倒な私にとってノースリーブやタンクトップだけを着て外出するなど絶対にできないことだった。

だから妹にそういう服をあげた。

前から変だと思っていたんだ、いつも剃るのは足と腕だけだし、それなのにタンクトップ着てうろついてるし。ワキは大丈夫なのか?とずっと思ってた。

 

まさかの生えない系女子だとは。

 

もともと体毛は薄いし、足や腕も毛なんて薄くて気にしなくてもいいくらいなのに剃る。も、もしかして下の毛も生えてないのか?と思ったが聞けなかった。生えてないと言われたら私はどうすればいいんだ。

 

ワキ毛で絶望していた私に妹はさらなる追い打ちをかけた。

 

妹「もしかして生まれるときに、姉がわたしの毛も吸い取っていったんじゃない?」

私「や、やめてくれ....もうやめてくれ....」

 

羨ましい!!私も生えない体質がよかった!!!!」

ワキ処理なんて面倒くさい、綺麗に剃れないし。

だったら最初から生えないで私の毛よ!!!

 

どうして毛が生えないんだあいつには。

何か特別なことをしたのか?と思っても、特に何もない。

ただ毛が薄いだけで、ワキには生えない。

羨ましい。

姉妹なのに、どうして私には生えて妹には生えないんだ。不公平だ。

 

真実を知った私は、今度は妹の下の毛について気になっている。変態か。